あの時私はなんであんなに焦っていたんでしょう?~産後うつでお悩みだった松本市 M様~

こんにちは!女性の体質改善アドバイザー西村です!

 

今日は産後うつでお悩みの方の体験談をお話しできればと思います^^ 産後うつでお悩みの方は、いわゆる鬱症状が出やすいのですが、体調が調ってくるとうそのようにその鬱症状が治まることが多いのです。産後うつは子宮の肥立ちの悪さからくるもの。決して育児ノイローゼではない。今日はそんなお話しです!

 

産後うつ特有の症状、焦り、気持ちの波、動悸、不眠

 

自分自身が、奥様が、ご家族が産後に体調を崩されて、「不眠」「動悸」「イライラ」「くよくよ」「パニック」「焦り」などの症状が出ていませんか?

 

今まで熟睡できていたのに、全く眠れなくなってしまった

 

子どもをかわいいと思えなくなってしまった

 

家事育児がつらい

 

産後は赤ちゃんとの新生活に家事に、自分のペースで動くことができづらくなるためとても大変になります。

 

そんな時期にもし自分の体調が崩れてしまったら。。

 

産後うつにかかる方の特徴として、精力的に活発に動く方がなりやすい傾向にあります。そのため、産後うつでつらい状況の中でも、動けるときにがんばってしまうため、周りからは体調が悪いという風に見えない方が多いのです。

 

自分自身は体調が悪くてつらいのに、なかなかご主人様、ご家族に理解してもらえないためにつらい思いをされている方が多いのです。

 

 

焦りの気持ちが産後うつを悪化させてしまう

 

最初の頃は、早く抗うつ剤、睡眠導入剤を服用中止したかったM様。早く仕事に復帰したい、早く元気になりたいという気持ちでつらい症状があるのにも関わらず、抗うつ剤などの薬を服用中止したいという「焦り」の気持ちがありました。

 

漢方服用し始めの頃は、体調が安定せずに、不眠、動悸、焦りの気持ちなども強く、家事、育児がとても大変そうでした。

 

とにかく焦りの気持ちがとても強い。。なんとか元気になりたい。そんな想いを強く感じました。

 

西村自身も全く同じ気持ちだったときがありました。

 

090718-0147

 

西洋薬などの服用はしていなかったものの、どうしても漢方の仕事に戻りたくて、どうしても元気になりたくて。。

 

季節の変わり目、春先、ストレスがかかると、生理前になると体調が悪化し、「あぁまたか、また悪化してしまった。。」という気持ちとずっと格闘してきました。

 

焦ってしまうと余計に空回りしてしまう。そんなことを繰り返した数年がありました。

 

体調が調いはじめると生理周期によって体調の波が出やすくなります

 

でもね、季節の変わり目、春先、ストレスがかかると、生理前になると体調が悪化する、というのは実はよい兆候なんです。

なぜって今までは体調の波すら感じることができなかったはずだから。

 

たぶん生理後や穏やかな日には体調が良い日もでてきているはずなんです。生理前になると体調が悪化する、と感じるようになったのであれば、それは体調が改善してきている証拠。

 

産後うつでお悩みの方は

 

「春先」「梅雨時」「ストレスがかかると」「季節の変わり目」に症状が出やすいです。

 

9ed7bcb23741bfbfb0e414f0296fb8f9_s

 

治っていくなかでも体調の波は必ず出ます。体調の良い日もあれば、体調が悪い日もある。でも体調がよくなるにつれてその体調の波が穏やかになってくるもの。

 

だから焦らないでほしい。

 

体調が悪い日があっても、必ずいつかよくなる日がくることを思い続けてほしい。

 

いつしかトラウマを感じずに、平穏に暮らせる日々が待っています。だから焦らずに体調を調えましょうね!

 

今日もあなたにとって最高の一日となりますように!

The following two tabs change content below.

西村里織

国際中医師・登録販売者

第一子を出産後、ひどい不眠症と気分の落ち込み、いわゆる産後鬱を経験しました。自ら漢方を処方し、産後うつを克服した経験から、産前産後のママをサポートしたいという想いのもと、「心とからだのカウンセリング友愈」を設立。
女性にとって産前産後は一生のうちで一番大事な時期です。かわいいお子さんのためにも、ご主人様のためにも、ママが元気でいることが一番大事だと思います。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket