脂っこいものが嫌い、甘いものが好きな方は胃腸が冷えている?!

おはようございます、女性の体質改善アドバイザー西村です!

 

今日は症状から見る体質、についてお話ししたいと思います。あなたのお食事、特にこの時期「脂っこいものがだめ~」「甘いものが食べたい~」というようになっていませんか?実は脂っこいものが苦手な方、甘いものが好きな方は胃腸が弱い、そして冷えている方が多い。どうしても野菜中心の食生活になりがちですが、ちょっと気を付けた方がよいですよ、というお話しです!

 

梅雨は胃腸の働きが一番落ちる季節。食生活を一番気を付けなければいけないとき

 

梅雨は母なる大地が雨で潤う時期

 

身体も同じで湿気が多いため、水分代謝が悪くなる時期です。

 

湿気を嫌うのが『腸』。この時期は胃腸の働きがとても落ちやすくなります。

 

普段漢方相談をしていると気づくこと。

 

胃腸が冷えている方、弱っている方は「野菜中心の食生活」になっているということ。

 

01d96bd9c02612d3a7693738da2ae0c9f9425ac286

 

お野菜ってもちろん健康にはよいのですが、やはりバランスが一番大事で野菜ばかりに偏ってもいけないのです。お野菜の中でも夏野菜は身体を冷やす作用のあるものが多い。

 

そんな中でどうしても消化しやすく、もたれにくい「お野菜中心の食生活」になりがちな方が多いなと感じています。

 

「脂っこいものが苦手~」「お野菜中心の食生活です!」という方。

 

ちょっとだけ食生活見直した方がよいかもしれません。タンパク質が足りていないことが多いからです。タンパク質は身体を作る成分。筋肉を作ってくれたり、私たちの身体には欠かせない成分なのです。

 

0133bbf7b54ac1e103229b128655273d80625e5787

 

もし脂っこいお肉が苦手なのであれば、豚汁を食べたり、味噌汁を飲んだり。できるだけ消化吸収しやすい形でお肉や魚、植物性たんぱくを摂取するようにしてみてください。

 

たんぱく質をしっかりと摂ることで、身体が温まり、疲れにくくなり、何よりも胃腸が丈夫になります。

 

野菜を食べることはとても大事!確かにお野菜が足りていない方も中にはいらっしゃいます。でも野菜中心の食生活で、胃腸弱いんです~という方、ぜひちょっとたんぱく源を増やしてみてくださいね!

 

偏食家の生薬犬リクも、がんばってお肉食べています笑

 

01d14afe02e7961e3515b631dafef90be7ce0da94d

 

今日もあなたにとって最高の一日となりますように!

 

The following two tabs change content below.

西村里織

国際中医師・登録販売者

第一子を出産後、ひどい不眠症と気分の落ち込み、いわゆる産後鬱を経験しました。自ら漢方を処方し、産後うつを克服した経験から、産前産後のママをサポートしたいという想いのもと、「心とからだのカウンセリング友愈」を設立。
女性にとって産前産後は一生のうちで一番大事な時期です。かわいいお子さんのためにも、ご主人様のためにも、ママが元気でいることが一番大事だと思います。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket