MENU
TOP
産後の体質ケアについてはお気軽にお問い合わせください。0263-55-4574

病院で治療しているのになかなか治らない

つらい気持ちをわかってもらえない

子宝に恵まれないことを誰にも相談できずにいる

産後うつの症状でつらい...

このようなお悩みには「漢方治療」が最適です

国際中医師 西村自身も第1子の産後、ひどい不眠症などの産後鬱で悩みました。

つらい病を自ら経験し、漢方や鍼灸の助けを借りて回復し、無事第2子を出産することができました。自らの経験をもとに、同じように苦しんでいらっしゃる方の助けになれればと想い、友愈を設立しました。

産前産後は女性にとって一番大事な時期です。お子さんやご家族の笑顔のためにも、ママが健康でいることはとっても大事。心とからだのサポートを精一杯させていただきます!

友愈の漢方相談3つのポイント

心のこもったカウンセリング

友愈では初回カウンセリング時、2時間かけてお話しをさせていただきます。 症状だけでなく、生活環境のことなどを聞かせていただき、何が根本的な原因になっているのか、一緒に考えます。

国際中医師 西村里織

子連れに優しい産前産後ケア

国際中医師西村自身が産後鬱にかかった経験から、不妊症の方から産後のケアまでを得意としています。お子様連れのママがゆったりと漢方相談を受けられます。

国際中医師による漢方相談

女性特有の病気はなかなか相談しづらいもの。本格的に漢方を学んだ女性国際中医師である 西村が、しっかりとお話しを伺わせていただきます。

つらいこと、わからないことなどお気軽に聞いてみてくださいね!

漢方相談の流れ

友愈へ電話

漢方相談は完全予約制となります。お時間はだいたい2時間かかりますので、ご都合のよい日時をお知らせください。 お子様連れの場合はお伝えください。

お電話の場合:0263-55-4574 まで

メールの場合:yuyu@sango-support.com

漢方カウンセリング

お身体の状態だけでなく、生活環境やストレスの状況なども大きく関わってくるため、友愈では時間をかけてじっくりとお話しをお伺いさせていただいております。疑問に思っていることや不安なことなどなんでもご相談ください。 また、舌の状態も診させていただきますので、苔はとらないようにお願いします。

特に子宝のご相談をご希望の方は、つけていれば基礎体温表をお持ちください。 お一人お一人の体質に合った漢方をご用意いたします。

初回カウンセリング料 3,000円
2回目以降のカウンセリング料:2,000円

季節に合わせて、体質に合わせて、お一人お一人の体質に合わせて漢方をご用意させていただきます。薬の種類は煎じ薬、エキス顆粒、丸剤などをご用意させていただいております。

症状が落ち着くまではだいたい2週間分くらいの漢方薬をお渡しさせていただきます。

季節によってお身体も変化するため、毎回毎回のカウンセリングを大事にしております。

一日分の漢方薬代の目安:500円前後

漢方での治療は、いかにご自身の体質に合わせて服用できるかがキーポイントとなります。季節に合わせて、体調の変化に合わせて、必要なときには漢方の種類を微調整させていただきます。

ご相談時以外にもお電話やメールでの対応をさせていただいております。不安なとき、わからないときにはお気軽にご相談いただければと思います。

漢方相談Q&A

病院でもらう漢方と何が違いますか?
漢方の本場、中国政府が発行している「国際中医師」を持つ西村が漢方相談させていただいております。漢方薬はいかに自分の体質に合った漢方を服用できるかがキーポイントです。 また当店では煎じ薬を中心として処方させていただいておりますが、エキス顆粒に比べて効果が高いとされております。またカウンセリングの時間を初回は2時間、2回目以降は1時間とたっぷりとっております。お身体の状態だけでなく、お話しさせていただくことも大事にしております。
漢方薬は高いというイメージがあるのですが
煎じ薬、顆粒、丸剤などのお薬の形によっても異なりますが、一日分がだいたい500円前後になります。その他に初回はカウンセリング料が3000円、2回目以降は2000円かかります。
効き目は穏やかなのですか?
一般的に効き目は穏やかとされていますが、人によって効き方はさまざまです。最初の2週間で何かしらの変化を感じられる方が多いようです。
どれくらいの期間服用すればよいのでしょうか?
悩んでいらっしゃる症状をどれくらいの期間お悩みだったかに比例することが多いです。当店の漢方処方は体質改善を目的として服用される方が多いため、よくなるにつれて少しずつ漢方薬の服用量を減らしていくことも可能です。
漢方薬って副作用はありますか?
ご自身の体質に合っていないものを服用すれば、副作用が出る可能性はあります。そのほかに瞑眩(めんげん)といって、よくなる前触れで一見すると体調が悪化したかのような症状が出ることもあります(だいたい最初の1週間程度)。瞑眩に関しては好転反応ですので、心配なさらないでください。
産前産後の相談でなくても受けてもらえますか?
もちろんです!小さなお子さんからご高齢の方まで、どのようなご相談でも承っております。
漢方薬を服用してから、頭痛、下痢、疲れやすいなどの不快な症状が出ているのですが、、
はじめて漢方を服用される場合、瞑眩(めんげん)といって、『体調がよくなる前触れ』で、少し嫌な症状が出ることがあります。 一般的に自律神経のバランスが乱れやすい方はこのような反応が出やすいことが多いです。 1週間ほど経つと、逆に体調は快方に向かうことが多いのですが、気になる症状があれば必ずご相談ください。
PAGE TOP