不妊治療の大変さを職場や友達に理解してもらえないつらさ

おっはようございます~!!女性の体質改善アドバイザー西村です!

 

今日は不妊治療をしている方の精神的、肉体的つらさについてお話しできればなと思います。体外受精を受ける方が増えていますが、中には生理周期で何回も病院に通院しなければいけない場合もあり、精神的にも肉体的にもとてもつらい思いをされながらがんばっていらっしゃるのです。周りに不妊治療をしている方がいらっしゃる方、ぜひ読んでほしいです^^

 

終わりの見えない不妊治療を全速力で走ることのつらさ

 

友愈にはいろいろな病でお悩みの方に日々ご来店いただいております。中でも命にかかわる病の次に大変だなと感じるのが不妊治療。

 

例えばひどい頭痛でお悩みの方。症状が少し緩和されれば、喉元過ぎれば熱さを忘れるで痛みのことを忘れていくものなんですよね。いろいろな症状も同じで症状が少しでも快方に向かえば気持ちもだいぶ変わるもの。

 

でも不妊治療には明確なゴールがあって、それが達成されない限り、頑張り続けなくてはいけなくなってしまう。中には体外受精10回以上、何年間も不妊治療を継続、という方も少なくないんです。

 

短距離走の勢いで、ずーーっと長距離を走らされているようなもの。

 

aac233fcf2eead7525a98d96c4a214ee_s

 

がんばっている最中は気づかないのですが、ストレスの度合いって相当なんですよ。

 

そしてとてもつらいことにそのストレスが余計に不妊症を招いてしまう。いたちごっこになってしまうんですよね。。

 

実際にその状況を経験してみないと本当の大変さはわからないもの

 

不妊治療をされている方は、あまり多くを語らないかもしれませんが、いろんな葛藤と闘っていたり、つらい思いをされている方も多いのです。

 

どのような状況でもそうですが、やはり自分が経験していない事柄って、なかなか理解できないもの。自分の身に降りかかってこないとわからないものなんですよね。。

 

不妊治療をされている方で、お友達と疎遠になってしまった、ということをよく聞くのですが、やはり温度差の違いにどうしても苦しんでしまう。お友達にお子さんがいると、どうしても隣の芝生は青く見えてしまったり、一緒に喜びたいのに素直に喜べない自分の感情に疲れてしまう。

 

8463b4d953262fe71b95b34dd4dc92c9_s

 

感情をコントロールしようとしても、いろいろなことにいっぱいいっぱいなので、難しいのです。そうしなきゃって思っている自分と、どうしても思っている通りに考えられない自分と。

 

無理に理解してあげたいと思う気持ちはかえって重荷になってしまうこともあります。大きなおせっかいになってしまうこともあります。

 

ただ寄り添ってお話しを聞く。

 

大事なお友達、会社の同僚、部下だったら、ぜひそうしてあげてほしいなと思います。

 

先日友愈のよもぎ蒸しにいらっしゃった方が職場での心無い言葉に深く傷ついていらっしゃいました。

 

どうかあまり気にされぬよう。そして多くの職場で不妊治療の大変さが少しでも理解されますように。

 

今日もあなたにとって最高の一日となりますように!

 

★ 冷え性は夏に治すべし~よもぎ蒸しで芯から身体を温めよう!~松本・塩尻のよもぎ蒸しの記事はこちら

★ 不妊症は焦らずに治療することが一番大事の記事はこちら

★ 冷えからくる血流の悪さが不妊症の原因の記事はこちら

The following two tabs change content below.

西村里織

国際中医師・登録販売者

第一子を出産後、ひどい不眠症と気分の落ち込み、いわゆる産後鬱を経験しました。自ら漢方を処方し、産後うつを克服した経験から、産前産後のママをサポートしたいという想いのもと、「心とからだのカウンセリング友愈」を設立。
女性にとって産前産後は一生のうちで一番大事な時期です。かわいいお子さんのためにも、ご主人様のためにも、ママが元気でいることが一番大事だと思います。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket