焦っているときこそ根治が大事な理由 ~松本・塩尻市の漢方よもぎ蒸し店友愈~

おはようございます!女性の体質改善アドバイザー西村です!

 

今日は「根治」の大切さについてお話ししたいと思います。漢方やよもぎ蒸しをはじめると最初のうちは体調の変化を感じられるのですが、そのうちに停滞期がきます。焦っている方はそのような時期に「変わらないじゃん!」「身体が慣れちゃったのかな」「もうこれ以上よくならないのかな」と思いがちなのですが、そういう時期を乗り越えると良い結果が出ることが多いというお話しです。

 

目次

  • お悩みの病気はどれくらいの期間患っていらっしゃいますか?
  • 体質改善は悩んでいた期間くらいかかって当たり前
  • 停滞期を乗り越えてしっかり調えた身体は後戻りしない!

 

お悩みの病気はどれくらいの期間患っていらっしゃいますか?

 

もう40歳すぎだし、早くしないと妊娠が難しい

症状がつらすぎて、早く治したい

今度結婚式に出るけど、こんなお肌では出られない

 

みなさんいろんな理由で「早く治りたい!!」と思うもの

西村ももちろん思いますよ!!産後うつがひどかったとき、「こんな状態では育児ができない。なんとかして治りたい」という一心でいろんなことをがんばりました。

 

でもね、思い返してほしいのです。

あなたはいつからこの症状で悩んでいらっしゃるのでしょうか?いつ頃から冷え性で悩んでいますか?いつ頃からアトピーやニキビで悩んでいらっしゃいますか?

 

産後うつの場合、産後に急激になる病気なのでちょっと特殊ですが(日が浅い病でも重度になることはあります)、だいたいの場合、今お悩みの症状は昨日や今日出た症状ではない。

 

西村は小学生の頃からお肌が弱かった。大学生のときにつらいアトピーで悩んでいました。つまりお肌弱い歴〇〇年!!(二桁です笑)

 

辛い症状があると、年齢が迫ってくると、どうしても焦りがちですが、そういうときに思い出してほしいのがいつ頃から悩んでいた症状かっていうこと。〇〇年も悩んでいた症状が嘘のように1ヶ月で改善したら逆に怖くないですか?

 

例えばピル。ピルを服用すれば生理不順が嘘のように調います。来なかった生理も順調に来るようになります。

その代わりに体重が急激に増加したり、結局ピルをやめればもとに戻ってしまったり、、本当は生理が順調に来るような身体づくりをしたかったはずなのに薬で無理やり来させて、止めたら元通り。

生理不順の本当の原因は「冷え」「ストレス」「血流の悪さ」が関係することが多く、そこが根本的に改善しないと自然に周期が調ってこないもの。

 

焦ったときには、ついつい短期的によくなるものを探しがちですが、それは果たして本当によいものなのか?一度考え直してみてほしい^^

 

体質改善は悩んでいた期間くらいかかって当たり前

 

おおげさかもしれませんが、〇〇年かかって作られた病気は、治すのに〇〇年かかってもおかしくないもの。

といってもそんなにかからないことも多いのですが、それなりに時間はかかることを念頭に置いておいてほしいです。

 

本当に体質を変えていくときに大事なのは、漢方やよもぎ蒸しだけに頼らないこと。

病気の原因を作っているのは日々の生活習慣であることが多く、まずは「何が原因でこういう風になってしまったか」をはっきりと認識することが大事です。

 

食生活が偏っていた、身体を冷やすような格好、食事をしていた、ストレスの対処が上手ではなかった、睡眠が不足していた、運動が足りていなかった、、いろいろあると思います。そこを無理なく少しずつ改善していきつつ、身体を調えるような治療をしていくこと。そこが一番大事だと思います^^

 

停滞期を乗り越えて、しっかり調えた身体は後戻りしない!

 

漢方の飲み始め、よもぎ蒸しのやりはじめのうちは、きちんと自分の身体に合ったものを受けられていればそれなりに身体の変化を感じることがあります(冷えている方は鈍感な場合もあり!)

 

最初のうちは変化を感じられていたのに、体調がちょっと後戻りしているように感じたり、あまり変化が出なくなったり、、そんな時期って必ずあります。その理由は二つあります。

 

一つは季節の影響。私たちの身体は季節の影響を受けており、季節によって全然身体が変わります。とても簡単に言ってしまえば、冷えている方は冬場に体調が悪化しやすく、熱がこもりやすい方は夏場に向けて体調の波が出やすい。自分の苦手な季節になるとどうしても体調の後戻りが出やすいものです。

 

またもう一つの理由は、体調がある程度調ってくると変化を感じづらくなる、ということです。

 

このグラフを見ていただけると、わかる通り、体調が30%ほどしか調っていない頃から60%くらいまでの頃は、波も大きく変化も出やすい時期です。この時期は季節の影響も受けやすく悪化したり、逆に体調がよくなったと感じやすい時期です。

 

一方で60%→70%の時期を見ていただけると、体調の波は穏やかで、その代わりそんなに急激に体調の変化も出ていません。この時期に「変わらない!!」と焦って続けてきた治療をやめてしまう方も多いのですが、この時期を乗り越えて少しずつ体調を調えていくと、本当の意味で身体は変わってくるのです。

 

ここまでがんばれた方の体調は後戻りしません。生活習慣を気をつけていればなおさら。

焦ってしまうお気持ちはとてもよくわかります!!でもそんなときこそ、一番最初の頃の体調を思い返してみてください。「あ、私そういえばあまり冷えなくなってきている」「お肌トラブルもっとひどかったよな」

 

一歩ずつ確実に進んでいけば必ず良い方向に向かうことができますからね!!

 

今日もあなたにとって最高の一日となりますように!

The following two tabs change content below.

西村里織

国際中医師・登録販売者

第一子を出産後、ひどい不眠症と気分の落ち込み、いわゆる産後鬱を経験しました。自ら漢方を処方し、産後うつを克服した経験から、産前産後のママをサポートしたいという想いのもと、「心とからだのカウンセリング友愈」を設立。
女性にとって産前産後は一生のうちで一番大事な時期です。かわいいお子さんのためにも、ご主人様のためにも、ママが元気でいることが一番大事だと思います。

記事を気に入ったらシェアをしてね